piyocuteのブログ

最近ハマり出した自転車

組み上がり

所有する最小重量のパーツで組み上げ

今回はケーブル内装ハンドルで苦労した。

ワイヤーカット発生による無駄な出費もあった。

それでも概ね順調だったと思う。


完成車のカタログ値式(保安部品あり、ペダルとサイコン無し)で6kg中盤、込みで6.8kg台なので満足している。


通勤仕様にすると1.6kg増(ホイール+600g、タイヤ+200g、チューブ+60g、携帯部品+800g)となり約8.5kgに変身する。